MindTrips

良品安価 富貴

4月18日
推古天皇3年(595年)4月に淡路島に香木が漂着したのが ※沈水(=沈水香木)に関する最古の記録であり、沈水の日本伝来といわれています。
漂着木片を火の中にくべたところ、よい香りがしたので、その木を朝廷に献上。
そして、とても重宝されたという伝説が日本書紀に有るのです。
現在では、1992年(平成4年)4月に、全国薫物線香組合協議会が、上記の日本書紀の記述に基づいて沈水香木が伝来した4月と、「香」の字を分解した「一十八日」をあわせて4月18日を、「お香の日」として制定しています。
※ 沈水=沈水香木
原木は、比重が0.4と非常に軽いが、樹脂が沈着することで比重が増し、水に沈むようになる。これが「沈水」の由来となっています。

リンクはフリーの
お香アロマ大好き
☆TOPページに戻る☆